相続放棄について

遺留分とは

⑴当事務所では、以下のような相談を受けることがあります。

「もう何年も付き合いをしていないが、私の弟がこの前、亡くなったらしいのです。その方が2000万円ぐらいの借金をしてたらしくて・・・弟には子も妻もおらず、両親も祖父母も既に亡くなっておりますし、もしかしたら、私たちが借金を相続してしまうんじゃないかと不安になって・・・」

そういった場合に、弊所では相続放棄を勧めております。

⑵相続放棄とは、自分が相続人であることを止めることです。

相続放棄をすると、亡くなった方(=被相続人)の借金は受け継がずに済みます。そして、誰に対しても、自分が借金を受け継いでいないと主張することができる強い効力を有しております。

相続放棄をするには、自己のために相続が開始したことを知った日から3ヶ月以内に家庭裁判所でその旨の申述をしなければなりません。

問題点

ただ、相続放棄をする際にはいくつかの注意点があります。

⑴まず、相続放棄をすると、被相続人の借金だけでなく、家屋土地、現金等の自分にとってはプラスになる財産も受け継ぐことが出来なくなります。

そのため、財産状況をきちんと調べてからでないと、のちのち後悔することになります。

「でも、3ヶ月以内にそんなの調べきれないです!」という方もいらっしゃると思います。その場合は、家庭裁判所に「平成★年★月★日まで遺産を調べる時間を下さい!」とお願いすることができます。これを相続放棄の期間伸長請求といいます。

⑵次に注意していただきたいのは、相続放棄をする前に、遺産分割協議・遺産の売却・現金の使い込みといった「処分」行為や遺産を隠す行為をしないでください。

これらの行為をしてしまうと、相続人は相続放棄が出来なくなります。

⑶また、相続放棄ができる期間を過ぎてしまっても相続放棄は出来なくなります。

弁護士に頼むメリット

ただ、上記各注意点にあてはまる場合であっても、相続放棄が出来る場合があります。

当事務所では、これまで数々の相続放棄事件を取り扱ってきた経験があり、なおかつ税理士や司法書士といった他士業とも連携しておりますので、相続放棄のためのお手伝いをすることができます。

相続放棄でお悩みを抱えておられる方はお気軽に当事務所までお問い合わせください。