遺産相続に伴う手続きの流れ

日時 しなければいけないこと
被相続人死亡 相続開始。
(被相続人の死亡を知った時から)
7日以内
死亡届を住所地の市役所へ提出。
被相続人死亡直後 相続人の確定
法定相続
除籍謄本・戸籍謄本を取り確認する。
遺言の捜索
遺言相続について
遺言がなければ、遺産分割を行います。
まずは、遺産分割協議を行い、それがまとまらないときは家庭裁判所へ遺産分割調停の申立て。それでもまとまらない場合は遺産分割審判へ移行。
遺産の捜索
不動産、現金、預貯金等の金銭債権、株式、一部の投資信託
・・・etc
(相続開始知った時から)
3ヶ月以内
限定承認、相続放棄
被相続人が借金をしていた、連帯保証人になっていた場合
相続放棄
(相続開始から)4か月以内 所得税、消費税確定申告。 1月1日から死亡日までの被相続人の所得税について、相続人全員の連名で確定申告をする。
(相続開始から)10か月以内 相続税の申告・納付
(相続開始及び減殺すべき贈与等を知った時から)1年以内 遺留分減殺請求
*弊所にて対応致します。

もちろん、弁護士等の専門家を介さずにこれらの手続をすることは可能です。
しかし、遺産相続においては

  • 隠し子がいた
  • 亡くなった方が莫大な借金を抱えておられた。
  • 相続人が多すぎて、遺産分割協議がスムーズにできない。
  • 遺言に基づいて遺産分割協議をしたら、相続人から遺留分減殺請求をされた
  • 多額の相続税が発生しそう

・・・等々、様々なトラブルが発生します。

当事務所では、これまで数々の遺産相続を取り扱ってきた経験があり、なおかつ税理士や司法書士といった他士業とも連携し、これらのリスクを低く抑えることが可能です。遺産相続でお悩みを抱えておられる方はお気軽に当事務所までお問い合わせください。