遺産分割の手続

遺産分割とは

⑴遺産分割の手続としては、純粋な話合いで行うもの、裁判所を利用するものの2種類に分けられます。

前者は遺産分割協議といい。後者はさらに遺産分割調停と遺産分割審判の2種類に分けられます。

では、どういった場合に遺産分割調停・遺産分割審判といった手続を使うことになるのでしょうか。

それは協議で遺産分割がまとまらない場合です。

遺産分割協議がまとまらない場合、裁判所に対して遺産分割調停を申し立て、遺産分割手続を進めていきます。

⑵遺産分割調停で、何をするかと言いますと、基本的には話合いです。

話し合いと言いましても、当事者が直接顔を合わせて話をすることは基本的にありません。

当事者1人1人が代わる代わる、裁判所の調停室と言う場所に行きます。そこには、調停委員という裁判所の職員がいますので、当事者の方が調停委員と遺産分割をこれからどのように進めていくか話をしていきます。調停委員は当事者1人1人の話を聞いて、最終的に遺産分割が成立するように当事者間の利害を調整していきます。遺産分割が成立すれば、その結果が記載された調書というものが作られます。この調書は判決と同じ効力を有しており、それに基づいて強制執行をすることができます。

⑶もし、遺産分割調停がうまくいかなければ、審判という手続に移ります。調停は、基本的に話合いですので、ある程度自由な形で遺産分割を定めることができます。しかし、審判では裁判官が法律の規定に則り、遺産分割をしてしまいます。

問題点

遺産分割調停・審判では、調停委員・裁判官が関与して遺産分割の手続を進めていくことになりますが、彼らは当事者の方の誰の味方にもなりません。

また、どちらも裁判所という法を司る機関で行われるものですので、民法のルールに則って手続が進んでいくことになります。

そのため、法律に慣れない方だけではご自分の主張を調停委員や裁判官に納得していただけないことも多々あります。

当事務所では、これまで数々の遺産分割事件を取り扱ってきた経験があり、なおかつ税理士や司法書士といった他士業とも連携しておりますので、依頼者の方の希望に沿った遺産分割をするお手伝いをすることができます。

お悩みを抱えておられる方はお気軽に当事務所までお問い合わせください。