兄弟姉妹で親の遺産分割を行う際の割合と方法

ハンバーガーを食べる二人の女性

兄弟間の相続トラブルをなくすために!

お父さんやお母さんが亡くなった後に生じる遺産相続トラブルの中には、兄弟姉妹間におけるものが非常に多い特徴があります。

今回は、兄弟間で遺産分割協議を行う上で覚えておくべき法定相続分や遺産分割に関する知識を詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

法定相続分の割合を確認しておこう!

民法900条1号では、被相続人に子どもがいる場合、下記の法定相続分を定めています。

《両親のうち1人が亡くなることで相続開始する場合》
お父さんかお母さんのどちらかが健在の場合は、「2分の1が親、その残りを子である兄弟姉妹の中で分割する」といった形になります。例えば、2人兄弟の家庭でお父さんが亡くなったケースでは、母親が2分の1、子である兄と弟がそれぞれ4分の1ずつ遺産相続をするのです。

《両親が2人とも亡くなった家族で相続開始する場合》
この場合は、上記の場合の例では「子である兄弟2人で平等に分割する」といった形が取られます。仮に子が3姉妹の場合は、それぞれに3分の1ずつ遺産を分割するのです。

遺産分割にはどんな方法があるのでしょうか?

遺産分割には、大きく分けて現物分割、換価分割、代償分割、共有分割の4つがあります。

最も多くのケースで利用される現物分割は、現金は長女、土地は長男といった形で、相続人ごとに相続する財産が異なる一般的な方法です。

これに対して、誰も住んでいない土地や家といった相続人にとって「価値のないもの」ばかりの遺産の場合は、それらを売却した代金を相続分等に応じて分割する換価分割という方法が取られることがあります。

親の財産が一戸建て住宅しかなく、その家に長男(女)が今後も住み続ける場合は、長男(女)が家を相続する代わりに他の兄弟に相続分に相当する額を金銭で支払うといった代償分割が行われることもあります。

最後に兄弟の関係が良好であるものの利用方針が決まっていない土地や家などがある場合は、相続人みんなで相続財産を共有する形で相続を行う方法もあります。

まとめ

遺産分割をする際には、全ての兄弟の合意を証明する「遺産分割協議書」の作成が必要となります。

遺産相続手続きの多くは相続開始から1年以内に行うべきものがほとんどとなりますので、もし兄弟間での話し合いが難航している場合は、相続手続きに関する経験の多い法律事務所に相談をしてみてください。

≫法定相続・遺産分割について詳しく見る
get_footer(); ?>