生命保険金と相続の関係!契約者と受取人別まとめ

Dollarphotoclub_84879550

生命保険金と相続の関係を覚えておきましょう!

生命保険の受取人と相続に関するトラブルは、遺産分割協議に停滞を生じさせる存在です。

相続関係手続きをスムーズに進めて10ヵ月以内に相続税を支払うためには、生命保険金を含めた相続問題を早い段階でクリアにする必要がありますので、これから紹介する事例を参考に準備や対策を講じるようにしてください。

特定の人が生命保険金の受取人に指定されている場合!

保険金受取人として特定の人物が指定されているケースでは、生命保険金の受取りは相続によるものではなく「保険契約における受取人としての資格に基づく」という考え方となるため、生命保険金が相続財産になることはありません。

生命保険金を被保険者である被相続人の相続財産と扱ってしまうと、遺産分割協議が間違った内容で進められる形となりますので、分割対象をきちんと把握することが話し合いの早期終了に繋がると考えてよいでしょう。

生命保険金の受取人が「相続人」となっている場合!

この場合も特定の人が指定されているケースと同様に、「相続人の各自が保険金請求権を取得する」といった考え方となります。

保険金を受け取る割合については,基本的には法定相続分に応じて分割されることが多いですが,生命保険会社の保険契約約款があればそれに従う形となります。
保険契約約款では,親・兄弟・甥姪といった相続の順位を問わず,人数に応じて均等の割合になるのが一般的です。

生命保険金の受取人が指定されていない場合!

被相続人の生命保険金で保険金受取人が指定されていない場合、保険契約約款の規定に従うこととなります。

保険契約約款では受取人は相続人とするのが一般的といえます。

そのような場合、前述した生命保険金の受取人が「相続人」となっている場合と同様の処理となります。

生命保険の契約者自ら被保険者と保険金受取人を兼ねている場合!

非常に複雑ともいえるこのケースでは、「相続人の固有財産になる」という考え方と、「相続人が保険金受取人としての地位を相続することで、相続財産という形で生命保険金請求権を取得する」といった2つの考え方が存在します。

この場合に生じる「相続財産なのか?固有財産なのか?」という問題は各保険会社にも過去の事例が存在しますので、契約担当者と相談をしながら支払いや相続の手続きを進めるのが理想です。

まとめ

今回は「保険金受取人が誰なのか?」という角度から、相続分割の話をしてみました。

生命保険会社との交渉は相続知識に乏しい皆さんには難しいケースも多く見受けられますので、保険会社との話し合いに行き詰った際には相続関連に詳しい法律事務所に相談することがおすすめです。

≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る
get_footer(); ?>