10ヵ月で全てを終える!相続税の申告と納税手続きガイド

パソコンを見る笑顔の女性

相続税の申告と納税の知識を知って早めの対応を!

被相続人が亡くなったことによって生じる相続税の申告と納税期限は、相続開始の翌日から10ヵ月です。

相続人を含めた被相続人の家族や親族は、この期間中にさまざまな相続手続きを進める必要があるため、10ヵ月という期間は「意外と短い」と感じる人が多いと言われています。

今回は初めて相続をする皆さんがスムーズに各種手続きを行うために、「相続税の申告と納税」に関する基礎知識を詳しく解説していきます。

相続税の申告はどこに行うのでしょうか?

相続税の申告は、被相続人が亡くなった時の住所を所轄する税務署で行います。

相続によって取得した相続時精算課税の適用を受ける財産額の合計が基礎控除を下回る場合は、相続税の申告や納税が不要となります。

しかし、小規模住宅地などの評価減といった特例や配偶者控除などは、申告することで適用となりますので、相続税がゼロであっても申告するのが基本なのです。

相続税の申告が期限内にできない場合は?

遺産分割協議が進まず相続税の納付額が決定しない場合は、法定相続分に従って遺産分割を行ったという仮定で各相続人が相続税を支払う形となります。

正式に遺産分割が完了した後は、その後に支払済みの相続税の過不足精算も可能となります。しかし、10ヵ月協議が進まない相続人の多くは「話がまとまらないまま問題が長期化すること」が一般的のようですので、相続税の過不足精算まで長時間かかることが多いといえます。

相続税の納税期限と納付場所とは?

相続税の納期限は、申告期限と同じです。

納税を行う場所は、税務署以外に郵便局の窓口や金融機関でも可能となっていますので、延滞税がかからないように早めに支払いを終えるのが理想といえるでしょう。

相続税を期限内に終えるお金がない場合は、何年かに分けて支払いを行う「延納」や、相続でもらった財産(物)で納める「物納」といった方法もあります。

まとめ

相続税の申告や納付を行うまでには、被相続人の通夜や葬儀、法要といったことから、遺産分割に関する親・兄弟等他の相続人との遺産分割協議というさまざまな手続きが必要となります。

相続に関する経験をした多くの人が「10ヵ月間はあっという間だった」という話をされますので、なるべく早い段階で遺産分割協議を終えられるように迅速に行動することが理想といえるでしょう。

被相続人の死去に伴って生じた家族間トラブルや相続税の申告・納付に関してご不明な点がございましたら相続問題に詳しい法律事務所に是非ご相談ください。

≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る
get_footer(); ?>