期限別に解説!遺産相続で行うべき手続き まとめ

Fotolia_21827211_S

遺産相続に関する手続きは非常に多い!

被相続人が亡くなることで生じる遺産相続手続きには、それぞれに期限が存在します。

万が一期限切れになっても自分以外の相続人のものになることはありませんが、早めに遺産分割協議を行わないと土地の管理や売却などを行う時に支障が出るケースも存在するため注意が必要です。

今回は、3ヵ月、4ヵ月、10ヵ月、1年といった4つの期限別に、1年以内に行うべき遺産相続に関する手続きを紹介していきます。

3ヵ月を期限とする遺産相続手続きとは?

3ヵ月をタイムリミットとする遺産相続手続きは、「相続放棄」と「限定承認」の2つです。

本来相続できる遺産を受け取らない「相続放棄」は、プラスになる財産よりも借金の方が多い場合に申し出を行う相続人の多い手続きとなっています。

また、プラスになる財産の範囲分だけ借金を引き継ぐ「限定承認」も、3ヵ月以内の申し出は必要となりますので、相続したくない財産がある場合は早めの決断が必要になると言えるでしょう。

4ヵ月を期限とする遺産相続手続きとは?

被相続人が死亡した年の1月1日から死亡日までの所得を申告する準確定申告は、亡くなった日から4ヵ月以内が期限となります。

この申告の納税者は相続人全員が対象となりますので、親や兄弟と相談をした上で所轄の税務署に届出を行うようにしてください。

10ヵ月を期限とする遺産相続手続きとは?

「相続税の申告」と「相続税の納付」は、相続開始日から10ヵ月以内に行わなければなりません。

相続開始日から10ヵ月以内に相続税を申告するためには、この期限内に遺産分割協議が終了していることが前提となります。

何らかの事情で遺産分割協議が完了できない場合は、税務署長から申告期限の猶予を許可してもらう必要がありますので、注意をしてください。

1年を期限とする遺産相続手続きとは?

被相続人に内縁の妻などがいて、遺言書に従って法定相続人の遺留分を侵害する形での相続をする必要がある場合に、相続人たちが遺留分減殺請求を行える期限が1年とされています。

遺留分の計算方法はすこし複雑ともいえるため、「本来自分はどのぐらいの遺留分が主張できるのか?」を十分に把握した上で遺留分減殺請求を行うようにしてください。

まとめ

被相続人の死亡によって生じる相続関連手続きは非常にたくさんあるため、各種期限を把握しながら相談などを進めるのが理想といわれています。

遺産分割協議や遺留分に関するトラブルで悩みを抱えている場合は、各種手続きをスムーズに進めるためにも、相続関連全般に強い弁護士事務所にご相談ください。

≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る
get_footer(); ?>