非嫡出子を相続する場合の注意点と相続争いを避ける方法

e93c5d771e92af3f27682ce075b863e5_s

制度改正によって非嫡出子を含めた相続争いが増加

平成25年12月5日の民法改正により、嫡出子と非嫡出子の間に生じていた相続分の違いがなくなりました。その結果として、父親と一緒に暮らす妻子の相続分が減少することとなり、相続争いに関する相談も増えています。 今回は、法定相続人の中に非嫡出子がいる場合について、遺産相続を行なう際の注意点や相続争いを避けるコツなどについて考えていきます。

非嫡出子とは?

当ページのテーマとなる非嫡出子というのは、法律上の婚姻関係のない男女の間に生まれた子どものことです。 父親と非嫡出子との父子関係は、認知によって成立します。 また非嫡出子の親権については、その子を産み育てる母親が単独で持つことが多いので、法律上の婚姻関係にある両親の間に生まれる嫡出子と比べて法律面で大きな違いがありました。

非嫡出子と嫡出子の相続分が同じになった理由とは?

非嫡出子と嫡出子の相続割合が同じになった背景には、「同じ父親の子供であるのに相続分が異なる不公平さ」が大きく関係しています。 また平成25年9月4日の最高裁判決では「これまでの法律が非嫡出子にとって大変不公平なものだった」という違憲の考え方が示されていますので、非嫡出子自身の訴えによって勝ち得た法改正であるともいえます。

非嫡出子がいる場合に生じやすい相続問題とは?

非嫡出子がいる際に最も生じやすい相続トラブルは、今現在父親と一緒に暮らしている妻子が、非嫡出子の存在を知らないことを原因とします。 また非嫡出子であっても嫡出子と同じ相続分が得られるようになった平成25年12月5日以降は、非嫡出子にも多くの遺産が相続されるという実情により「どうにかして相続割合を下げらないだろうか?」と考える人が増えつつあるのです。

非嫡出子に相続分を与えないことは可能?

非嫡出子に相続分を与えず、今父親と一緒に暮らす妻子だけで遺産分割をするためには、遺言書を作成してもらうしか方法はありません。しかし非嫡出子にも遺留分減殺請求を行なう権利がありますので、その事実を知った非嫡出子の行動によっては、遺言書の内容が完全には認められなくなると捉えた方がよいでしょう。被相続人が亡くなったタイミングで生じる遺産相続トラブルを防ぐためには、父親が生きているうちにその関係や相続分に関する話を家族にしておくことも必要だといえます。
get_footer(); ?>