子が先に死ぬことで孫に相続権が移る!代襲相続の基礎知識

4fa6664ec5e457cee85ab06371f77063_s

代襲相続が起こるのはどんな時?

法定相続人の死亡や廃除、欠格があった場合、代襲相続によって孫や曾孫に代襲相続が起こる可能性が出てきます。

また被相続人の配偶者、子供、親、祖父母、兄弟姉妹のすべてが亡くなっているケースで、故人にとっての甥や姪にあたる人が生存していた場合は、本人ではなく兄弟姉妹の中で代襲相続が起こることもあるのです。

相続放棄をした借金も代襲相続されますか?

被相続人に負の遺産がたくさんあった場合に行なわれることの多い相続放棄は、代襲相続とは無関係の手続きです。

相続放棄を行った法定相続人は、「最初から相続人ではなかった」という扱いになります。

自分が相続放棄をしたからと言って、被相続人の借金返済義務が孫や曾孫、甥や姪に代襲相続することはありません。

甥や姪が亡くなっていた場合は再代襲相続となる?

甥や姪まで達した代襲相続は、一世代で打ち切られる形となります。

もし既に甥や姪も亡くなってしまった場合は、その子供達に代襲相続されるのではなく、「被相続人には法定相続人がいない」という結論になるのです。

このように故人にとって法定相続人になれる身寄りがいない場合には、遺言書に記載されている受遺者に遺産相続されるか、相続財産管理人を選任した後、最終的に全ての財産が国庫に入ってしまうこともあるようです。

養子縁組をした子供は代襲相続の対象外

代襲相続に関する問題で最も多いのは、養子縁組をした子供に関する内容です

認知や養子縁組によって被相続人の子供となった人は、他の子供たちと同じように遺産分割協議に参加できる権利を持ちます。

しかし養子縁組した子供に連れ子がいた場合は、その人(連れ子)との間で養子縁組をしない限り代襲相続の対象とならないのです。

まとめ

家族の生存や養子縁組といったさまざまなケースやパターンによって変わってくる代襲相続は、一般の皆さんにとって少し難しい制度と言えるかもしれません。

特に養子縁組や連れ子、婚姻関係にない女性との子供などがいる被相続人が亡くなった場合、遺産分割協議が難航するケースが多く見受けられますので、少しでも争族に近い状況が想定されるなら早めに法律の専門家に相談をしておくべきです。

大阪の弁護士法人四ツ橋総合法律事務所では、代襲相続を中心とした遺産相続問題と得意としていますので、お困りのことがございましたら気軽にお問い合せください。 ≫遺産分割の手続について詳しく見る

get_footer(); ?>