株を相続する際の手続きの方法と基礎知識

Fotolia_52965516_S

株式の相続における基礎知識

債権と異なり法定相続分に応じた分割のできない株式は、遺産分割協議を行ったうえで本格的な名義変更や相続手続きに進む存在です。

今回は、遺産相続に臨む皆さんと一緒に、株式の相続について基本的な知識を確認していきます。

相続株式の調査を行なう

株式の相続を行なう際にも、預貯金や借金、不動産と同じように「どこにどの程度の金額(株式)があるのか?」を調べる必要があります。

《上場株式》
証券会社や信託銀行などが管理する上場株式は、その企業から送付されてくる明細や書類を見ることで「どこに取引残高報告書を請求すべきか?」の把握ができます。

これに対して専用ケースに入った明らかに古い上場株券は、信託銀行内の特別口座で管理されていますので、証券会社ではなく銀行に連絡をして取引残高報告書を取り寄せるようにしてください。

《非上場株式》
中小企業の会社経営者が保有することの多い非上場株式は、株券発行会社への問合せが必要となります。非上場株式が同族会社の場合は、被相続人の死亡を株主が気づきやすい環境ですので、株式の売渡請求によりその存在に気づくことが多いと考えて良いでしょう。

株式の遺産分割と名義変更

現金などと違って法定相続分による分割のできない株式は、遺産分割協議が終わるまでの間、名義変更も不可能な「相続人全員の共有状態」となります。

名義変更や売却処分をスピーディーに行なうためには、株式の評価額を把握した上で遺産分割協議へと進む必要があるのです。

非上場株式の場合は若干計算が複雑になる傾向がありますので、相続人だけで処理ができない時には早めに法律の専門家に相談をするべきだといえます。

株式の名義変更の流れと方法

遺産分割協議によって株式の相続権を得た人は、信託銀行や株式発行会社の窓口にて名義変更の手続きを進めていきます。

株券が保護預かり口座に入っている場合は、一時的に株券を出庫して名義変更をするのが一般的です。

また出庫をしない場合は、証券会社を介して名義書換を行なうことも可能ですので、方法については担当者に相談をしてみると良いでしょう。

まとめ

証券会社や信託銀行といったさまざまな機関で取扱いのある株式は、その調査や捜索をする作業に大変時間がかかります

また遺産分割協議が難航すれば、当然名義変更の手続きも進まなくなりますので、感情的にならずに争族を防ぐことも必要だといえます。 ≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る

get_footer(); ?>