親から子へ不動産の生前贈与をする際の注意点

kaigosan

不動産の生前贈与を考える親子は非常に多い

現在一緒に暮らしているマンションや戸建て住宅などの不動産を、契約者である親が元気なうちに生前贈与を行い、所有権移転登記によって名義変更しておこうと考える親子は非常に多く見受けられます。生前贈与を行なえば、被相続人が亡くなった後で必要となる遺産分割協議も比較的スムーズになります。また、相続人が多数存在する場合、遺産分割によって不動産の帰属を争うことも回避できるといえます。

不動産の生前贈与でかかる税金とは?

何の節税対策もせずに、1、000万円のマンションを親子の間で生前贈与すると、贈与税の暦年課税として231万円もの税金がかかります。このように親から子への生前贈与と所有権移転登記をするだけで200万円以上の税金が発生すると考えると、節税対策を行なう必要も納得しやすくなることでしょう。しかし65歳以上の親から、推定相続人となる20歳以上の子供への生前贈与を行なう際には、相続時精算課税を選ぶことで贈与税を支払わずに2、500万円を上限とする特別控除の手続きが進められるようになるのです。

直系尊属から住宅取得等資金の贈与を受ける方法もある

マンション購入用の資金を生前贈与する場合に受けられる住宅取得資金にも、贈与税を非課税にする特例が存在します。この制度を利用する場合の注意点は、「直系尊属からの贈与のみであること」です。ただし、夫や妻の義理の親から住宅取得資金の贈与を受ける場合は対象外となります。この制度の贈与額は年によって変わっており、平成25年の実績では最大1、200万円、平成26年では最大1、000万円が非課税対象となっているようです。

生前贈与にはさまざまな注意点がある

相続税対策として生前贈与をする際には、「税務署にその事実を認めてもらうこと」も必要です。場合によっては親だけが「贈与した」と考えていて、子どもについては「もらったと思っていないケース」も多く見受けられます。こういった場合は、せっかく頑張って終えた手続きであっても税務署から生前贈与を否認されることもあるため、注意が必要です。また、生前贈与を行った場合は、贈与契約書などの管理についても注意事項がたくさんありますので、親子だけで手続きを進めるのではなく、生前贈与や相続関連に詳しい税理士等にサポートをお願いするのが理想といえます。 ≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る
get_footer(); ?>