土地の換価分割をする場合の遺産分割協議における注意点

6125f9048bcb843e423375068ec8d616_s

土地は換価分割で遺産分割できる

遺産分割は現物分割が原則ですが、それほど大きくない土地を法定相続人の人数分で分筆しそれぞれを相続人の名義にする現物分割は、不動産の遺産分割協議として現実的ではない方法です。この手法で遺産相続を行なえば、公平性は確実となります。しかし、分筆によって小さくなった土地をもらっても、相続人たちは売却も利用もできなくなってしまうのです。こういった問題を解消するために、土地の遺産分割協議では換価分割という手法が多く用いられます。

土地の換価分割とは?

土地の換価分割は、「まず相続人が土地を売却し、その代金から手続きで使った諸費用を差し引いた上で、法定相続割合で分配する方法」です。この手法で遺産分割協議をする家族の多くは、土地の取得分を決めた上で、その割合に従って共有名義で相続登記を行います。こういった流れで進める土地の換価分割は、遺産分割協議書の書式集などにも掲載されていますので、安心かつスタンダードな方法と位置付けて良さそうです。

上記の方法で土地の換価分割を行なう際の注意点

共有名義で相続登記をした土地は、売却時に共有者全員が売買手続きを行なう必要があります。共有者のひとりが他の相続人の代理人として売買契約を行なう場合も、代金決済をするシーンでは本人確認の必要性から共有者全員が立ち会わなければならないのが原則です。こういった形で、対面による本人確認が必要となる換価分割は、相続人が遠方に住んでいたり、人数が大変多い場合は、なかなかスケジュールが合わない理由で手続きが難航する傾向があります。

換価分割前提の単独相続登記なら負担が少ない

換価分割における諸問題を回避するためには、便宜的な形で相続人のひとりが土地の相続登記~売却手続きまでを行い、その後売却代金を分配する方法がおすすめです。遺産分割協議書の中で、「換価目的の便宜的な単独名義の登記」という記載があれば、他の相続人に分配する際の贈与税もかかりません。代表者となる相続人が土地の売却を行う場合は、譲渡所得に関する問題も生じやすくなりますので、土地の換価分割を進める際には相続問題に詳しい弁護士・税理士にサポートを仰ぐ方法が最も確実だといえます。大阪の四ツ橋総合法律事務所では、換価分割に関する遺産分割協議の対応をしておりますので、お困りのことがございましたらお気軽に問合せください。

≫遺産分割の手続について詳しく見る

get_footer(); ?>