離婚の後に発生した相続で財産はもらえるの?

e0addfbe475cf50a27c772a25546ee71_s

離婚後に相続発生!別れた夫や妻も財産をもらえる?

離婚をした後に元パートナーが亡くなった場合、別れた夫や妻はその事実を知らされることが非常に多いです。特に別れた妻子が居住している住宅のローンを元夫が支払っていた場合や養育費を月々振り込んでもらっていた場合、その支払いや振込みが滞ったタイミングで元パートナーの異変に気づく形となるのです。こういった状況となった時、前の夫や妻にも相続権はあるのでしょうか?

離婚によって別れた夫や妻には相続権はない

離婚をした後で発生した遺産分割協議には、別れた夫や妻が法定相続人として加わることはできません。それは、離婚によって別々の人生を歩むことを決めた男女はその時点で法的にはまったくの「他人になるから」です。もともと夫と妻は婚姻によって繋がっているだけの関係ですから、「他人になったタイミングで相続権がなくなること」も納得しやすいといえるでしょう。

親の相続権がなくなっても、その子は法定相続人のままである

例えば、離婚をした夫婦に子どもがいて、離れて暮らすパパが亡くなってしまった場合は、「元妻には相続権がなく、子どもには相続権がある」という状態となります。血の繋がりのある子どもと親は、離婚という事実があっても「法的な縁が切れることはない」と考えられるのです。

元パートナーが再婚をしている場合は相続問題が起こりやすい

離婚後に元パートナーが再婚をして、新しい妻子との間で新生活を始めている場合は、「前妻の子」と「今の妻子」との間で相続問題が生じやすくなります。新しい家庭の中で和気藹々と暮らしている元夫と新しい妻子からすれば、「過去のこと」ともいえる前妻の子どもに相続権があるのは「納得しにくい状況」ともいえそうです。また、夫が亡くなった後で夫の前妻の子どもにも相続権のあるという事情がわかった場合は、これまで全く関わりのなかった人たちの間で遺産分割協議が行われることとなるため、一般的な家庭と比べて遥かに相続問題が悪化しやすくなるといえるでしょう。

元パートナーが遺言書を作っていた場合は?

「前妻の子どもに遺産分割をしたくない」と考える元パートナーの中には、遺言書を作成することで、今の妻と子どもだけに遺産相続をさせようと考える人も非常に多いです。こういった対策を施された場合であっても、前妻の子どもには遺留分がありますので、基本的には「元パートナーの子どもである限り遺産の相続は可能」と考えておくべきでしょう。離婚後の遺産相続など広く相続問題でお困りのことがございましたら、相続問題を得意とする四ツ橋総合法律事務所にお気軽にご相談ください。 ≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る
get_footer(); ?>