離婚で夫婦の縁が切れても子供の相続権は残り続ける

0bc436acd2a0d4645ab19ec8e0461c97_s

前妻の子にも相続権がある

前妻に親権が渡ってしまい、離婚のタイミングで元夫の戸籍から抜けることとなった子も、元夫の立派な法定相続人です。離婚をした夫の中には、「自分の戸籍から抜けた時点で、妻と子は相続する権利を失ったのだろう」と考える方々も存在します。しかし戸籍がどんな状況であれ、かなり限られた場合を除き、夫と妻が離婚をしても「親と子の縁」が切れることはないのです。

再婚によって新たな子が生まれた場合はどうなる?

前妻との子が法定相続人にあることに気付くのは、再婚によって新たな妻や子といった「新しい家族」ができた場合が多いです。前回の離婚によりさまざまな失敗をした夫は、基本的に「次はちゃんとした家族を作りたい」と考えます。そして遺産相続についても、「新しい妻子にたくさん相続させたい」と考えて法律を調べることにより上記の事実に気付くことになります。 前妻との間に子がいる場合は、新しい妻とその間に生まれた子と前妻の間に生まれた子供が法定相続人になります。

前妻との子が法定相続人であることで生じるトラブルとは?

新しい家族を作った夫と妻子の多くは、前妻との間に生まれた子に対して遺産分割をすることに違和感を覚える傾向があります。また、前妻の子と長きにわたって会っていない場合、同居をしていた頃より前妻の子に対する愛情も薄くなりますから、「前妻の子供よりも今の妻との子供たちに多くの財産を残してあげたい」と考えることも自然な話だと言えるかもしれません。 もし、新しい家族を持った夫が、前妻との間に生まれた子の存在を隠して、または、曖昧にしたまま亡くなってしまった場合は、残された妻子が遺産分割協議のために「法定相続人である前妻の子を探す作業」が生じることとなってしまうのです。

前妻の子に遺産相続をさせない方法はある?

今一緒に暮らしている新しい妻と子だけに遺産相続をさせたい場合は、夫が生きているうちに遺言書を作成しておくしか方法以外には基本的にはないと考えてください。しかし、遺言書の中でどんな記述をしても、相続権のある前妻の子供には遺留分減殺請求の権利がありますので、父親が亡くなった事実を知った場合には、僅かでも遺産分割を行なう可能性もあると考えた方が良いと言えるでしょう。同じ法定相続人となる「前妻の子」と「新しい妻子」を繋ぐのは夫のみとなりますので、自分が生きているうちに相続トラブルの回避策を考えることも、残された家族への思い遣りになると捉えるようにしてください。 ≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る
get_footer(); ?>