孫に法定相続分はあるのでしょうか?

kodomo1

孫に遺産を相続させたい!孫にも法定相続分はある?

自分の子供と関係が悪化して疎遠になる代わりに、その子供となる「孫」と関わりがある場合は、「実の子ではなく孫に遺産相続をできないだろうか?」と考える被相続人も多く見受けられます。民法で認める法定相続人は、「配偶者相続人」と「血族相続人」の2パターンです。後者の血族相続人は、基本的に被相続人の子供、直系尊属、兄弟姉妹が中心となりますので、どんなに孫にお世話になっていても「民法では孫に法定相続分が発生しないとしていること」を頭に入れておくべきだと言えるでしょう。

子が亡くなることで孫が法定相続人になることはある

実の子供が不慮の事故などで既に亡くなっていて、その子供である孫が生存している場合は、代襲相続によって相続の権利がスライドすることもあります。この場合は何の問題もなく、「孫に法定相続分を与えられる」と考えて良さそうです。これに対して孫の親である被相続人の子供が相続放棄をした時には、代襲相続の対象外となりますので注意をしてください。

孫に遺産相続をする方法は他にもある

自分の子供達が実存している状態で「どうしても孫に遺産相続をしたい」という場合は、下記2つの方法のどちらかで対策を施す方々も多く見受けられます。 《孫と養子縁組をする》 養子縁組を行った孫は、その日から嫡出子の身分を取得することで「子供と同等の法定相続分」を得られます。既に被相続人に子供が2人と配偶者がいた場合は、「財産の2分の1を2人に子供と養子縁組をした孫で分割するイメージ」となるのです。 《遺言書を作る》 「孫に自身の遺産を相続する」と書かれた遺言書を作れば、養子縁組をしてない孫にも相続権を与えられます。しかし「遺産の全部を孫に譲る」とした場合は、その内容を不服と捉える実の子などから遺留分請求が行われることもありますので、注意が必要です。またこの場合は「遺贈による権利移転」という考え方で手続きが進む形となるため、名義変更や税金の部分で一般の相続とは変わってくることも孫に知らせておくべきだと言えるでしょう。

まとめ

残念ながら孫には、法定相続分がありません。養子縁組や遺言書といった方法で孫への遺産相続が可能になるとしても、実際のところは実の子や兄弟姉妹から反対されるケースが多く見受けられます。この場合に無理に手続きを強行すると自分が亡くなった後「争族」が発生することもありますので、大事な孫に迷惑をかけないためにも相続に詳しい弁護士に相談をしながら準備をするのが理想と言えるでしょう。 ≫法定相続・遺産分割について詳しく見る
get_footer(); ?>