相続放棄と代襲相続の関係

a portrait of asian businessman pointing

法定相続人を悩ませる!?相続放棄と代襲相続の関係

借金の多い親兄弟の遺産相続を放棄しようと考える人の中には、「自分が相続放棄をしたら、負の遺産が子供に代襲相続されてしまうのではないか?」と不安になる方々が多く見受けられます。確かに相続放棄を「被相続人が作った借金から逃れる方法のひとつ」と考えれば、自分の行動によって子供に迷惑がかかることは回避したいと考えるのが普通と言えるでしょう。今回は、これから相続放棄する皆さんと一緒に「相続放棄と代襲相続の関係」について考えていきたいと思います。

相続放棄をすると被相続人の遺産は誰のものになる?

例えば、相続の第一順位である配偶者と子供が相続放棄をしたと仮定します。このケースではまず、第二順位となる被相続人の親に相続の権利が受け継がれるのです。親も相続放棄をした場合は、第三順位に位置付けられる被相続人の兄弟姉妹に相続権が移る形です。こういった流れを見ていると、相続放棄を行った場合に代襲相続という概念が全く登場しないことがわかります。

相続放棄をしたら代襲相続にならないの?

例えば、第一順位の法定相続人である自分に2人の子供がいて、亡き父の借金の返済ができない理由で相続放棄を行った場合は、「自分の子供ではなく第二順位の人たちに相続権が移る形」となります。また第二順位の両親の相続放棄によって相続権が受け継がれた兄弟姉妹についても、自分が放棄した場合は我が子にその影響が及ぶことはないのです。

相続放棄によって子供達にも間接的メリットが生じることもある

配偶者や子供といった家族を持つ自分が相続放棄を行うと、親の借金返済によって生活を困窮させることがなくなります。これに対して、相続放棄をしないで単純承認を行った場合は、長きに渡る借金返済によって子供達や配偶者に迷惑がかかる可能性もありますので、「遺産を承認するか?放棄するか?」の判断は法律で定められている3ヶ月の間にきちんとしておくべきだと言えるでしょう。

相続放棄や代襲相続に関して不明点がある場合は?

代襲相続に欠かせない相続順位は、法定相続人が相続放棄をする一族の中では多くの人に影響をもたらす概念です。相続順位を知らずに「法定相続人ではない自分には関係ない」と楽観視していると、第一順位や第二順位の人たちの相続放棄によって急な決断を迫られる可能性も出てくるため注意が必要です。こういった焦りやパニックによって間違った判断をしないためにも、相続順位や代襲相続でわからないことがある場合は、信頼できる弁護士に相談をしてみてください。 ≫相続放棄について詳しく見る
get_footer(); ?>