限定承認とは何ですか?

gatag-00013385

相続?放棄?その判断が付かない場合は、限定承認!

被相続人が残しした財産に「土地、預金、家、自動車といったプラスの遺産」と「多額の借金」が両方存在する場合は、法定相続人の人たちに「相続すべきか?放棄すべきか?」といった戸惑いが生じます。 特に全ての財産を洗い出したタイミングで、相互にメリットとデメリットがある場合は、法定相続人が「相続放棄をするのは勿体無い」と感じることも不思議ではないのです。 そんな状況に陥った時には、「限定承認」という方法の選択がおすすめです。

限定承認の仕組みと考え方

法定相続人たちが限定承認を選ぶと、被相続人が残した相続財産の売却費用などを使って負債を弁済した後、余った財産やお金があれば普通に相続を行う形となります。この手段で相続手続きを進めれば、法定相続人たちは自分が作ったわけではない借金の返済に追われることはありません。また借金を支払って余った財産であれば、遺産分割もしやすくなりますので、争族防止策といったメリットも得られることでしょう。

限定承認の方法と注意点

少し特殊な流れで相続を進める限定承認は、相続放棄と同様に3ヶ月以内に手続きを行わなければなりません。申述については共同相続人全員で行う必要がありますので、負の遺産を背負いたくないと感じているのが「自分だけ」といった場合は、1人でも手続き可能な相続放棄を選ぶしかないと言えそうです。また共同相続人の中に最初から相続放棄を希望する人が存在する場合は、それを受け入れた上で「残った人だけで限定承認を申述する」といった流れも可能となります。

限定承認は利用者が少ない現状がある

プラス財産とマイナス財産の割合が不透明な場合のみに使われる限定承認は、手続きの難しさも相まって意外と利用者が少ない方法です。共同相続人の中で1人でも法定単純承認が成立するとこの制度の利用が不可能となりますので、家族や兄弟みんなで「被相続人の借金をどう捉えるか?」の足並みを揃えるべきと言えるでしょう。こういったケースでは多くの相続人が「限定承認か?相続放棄か?」を悩む傾向がありますので、3ヶ月という短い期間内で結論を出すためにも、早めに遺産相続に詳しい弁護士に相談を行うようにしてください。 ≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る
get_footer(); ?>