被相続人の預金を葬儀費用に使っても相続放棄は可能ですか?

gatag-00011009

相続放棄をしたいけどお葬式代がない!?

亡くなった被相続人にはたくさんの借金があり、子供達は相続放棄を考えている。しかし残された法定相続人にも現金がなく、お葬式を行う費用を捻出できない場合は、「亡くなった人の預貯金などの遺産を使って葬儀する方法」を考える家族も多く見受けられます。こういった場合、被相続人のお金で葬儀を行ったら相続放棄をできなくなるのでしょうか? 今回は、負の遺産が多すぎる被相続人の葬儀費用や相続放棄に悩む皆さんと一緒に、過去の判例を見ながら正しい知識を確認していきます。

一般的な葬儀費用なら相続放棄も可能

被相続人がなくなってからすぐに行う必要のあるお葬式は、そのタイミングでほとんどの法定相続人が「遺産相続するのか?相続放棄をするのか?」の判断や手続きを行なえない状態となります。また所持金のない配偶者や子供達が「相続放棄をするから葬式を行わない」という結論に達してしまうと、葬儀関連ができないことで遺体を抱えた病院や自治体が困惑する状況が多発するのです。こういったトラブルを防ぐためにも、過去の判例では「亡くなった被相続人の貯金で葬儀を行っても、相続放棄は可能」という判断が下されました。

葬儀費用は安い方が良い

最初から相続放棄を行う考えを持つ法定相続人の中には、自分にとって無関係とも言える被相続人の預貯金をたくさん使って盛大な葬儀を行おうと目論む方々も多く見受けられます。相続放棄する場合は、被相続人の預貯金が自分の懐に入ってくることはないのですから、こういった企みを考えつく人たちの存在も納得できると言えるでしょう。しかし法律では、亡くなった人の預貯金を乱用することを防ぐために、「一般的な葬儀費用の範囲内」という条件を設けているようです。法律の専門家の中には「200万円以下であれば可能」といった意見もあるようですが、最初から相続放棄を考えているなら「できるだけ葬儀を安く済ませること」を心掛けるべきと言えるでしょう。

まとめ

被相続人が亡くなってから数日で行わなければならない「お葬式」は、お金のない家族にとっては大変頭を悩ませる存在です。特に法定相続人のみんなが相続放棄を考えている場合は、「どこからお金を出すべきか?」とか「どこまで亡くなった人の周辺整理ができるのか?」といった部分で多くの戸惑いが生じることでしょう。今回のような事例でわからないことがある場合は、預金などのお金を引き出す前に法律の専門家に相談をする姿勢が、後々のトラブルを防ぐ良策になると言えそうです。 ≫相続放棄について詳しく見る
get_footer(); ?>