相続放棄申述書の書き方と基礎知識

793cad1791d400dfba826442d97e6285_s

相続放棄には2種類がある

相続放棄手続きには、多くの家庭で行われている「一般的な方法」と、家庭裁判所に対して行う「法的効力のある方法」の2種類があります。前者の場合は遺産分割協議書の中で「自分は遺産相続をしなくて良いです」とか「自分の相続分はゼロで構いません」と書いた上で署名捺印すれば、自分が相続するはずだった遺産を他の法定相続人に譲れるメリットがあるのです。これに対して今回のテーマとなる相続放棄申述書を必要とする手続きは、基本的に被相続人に負の遺産があることで「借金などを背負いたくない時」に行う形となります。

相続放棄申述書の書き方とフォーマットとは?

特定フォーマットのない相続放棄申述書は、WordやExcelなどを使って法定相続人が自ら作成することも可能です。しかしこの申述書には大変多くの記入項目がありますので、漏れを生じさせないためにも家庭裁判所やホームページで公開する用紙やファイルを使うのが理想と言えそうです。具体的な項目の中には、相続財産の概略を記載するところもありますので、より詳しい内容で書類を作るためにも被相続人の財産内容の調査は早めに終えておくのが理想と言えるでしょう。

相続放棄申述書の提出の際に注意すべきこと

相続放棄の手続きは、遺産相続の開始を知ってから3ヶ月以内に行わなければなりません。申述書提出時には、「放棄する本人の戸籍謄本」と「亡くなった人の住民票除票もしくは戸籍附票」が必要となりますので、添付資料の準備も早めに行っておくべきだと言えるでしょう。3ヶ月以内に相続放棄手続きを完了させない場合は、「相続を承認した」と自動で判断されるため注意が必要です。

まとめ

1,000円ほどの収入印紙代と郵便切手代だけで家庭裁判所への提出可能な相続放棄申述書は、個人でも簡単に進められる手続きです。しかしこの申述書によって相続権を失うと、孫子の代まで影響が及ぶこともありますので、しっかりとした検討が必要な手続きになると考えて良いでしょう。またプラスの財産とマイナスの財産の割合がほとんど同じ場合は、相続放棄によるメリット・デメリットが曖昧になることもありますので、法律を通して客観的に判断のできる弁護士に相談をすることが正しい方向性を生むと捉えて良さそうです。相続放棄の基礎知識でわらないことがありましたら、遺産相続問題を得意とする四ツ橋総合法律事務所にご相談ください。 ≫相続放棄について詳しく見る
get_footer(); ?>