相続放棄の手続きはいつまでに行う必要がある?

short

相続放棄はどんな時に行うもの?

亡くなった被相続人にたくさんの借金があり、相続をすることで「マイナスの財産を引き継ぐ可能性高い」と考えられる場合は、相続放棄という方法も選べます。相続放棄をすると、家などの不動産や車、貯金といった「プラスの財産」も引き継げなくなります。しかし、この方法を選ぶことで被相続人の借金を負担する必要がなくなるため、「プラスの財産」と「マイナスの財産」を比べた時に後者の方がはるかに多い場合は、選択のメリットが高いと考えられます。

相続放棄のタイムリミットとは?

相続放棄のタイムリミットは、相続開始を知った日から3ヶ月以内です。3ヶ月を過ぎても何の意思表示もしない場合は、他の相続人と一緒にプラスの財産もマイナスの財産も無条件で相続する「単純承認」をしたものと判断されます。遺産相続に関する法律相談の中には、意思表示をはっきりと行わないことで「単純承認によって被相続人の借金を背負うことになってしまった」という事例も多く見受けられますので、被相続人の財産の調査をおこなって3ヶ月の間にきちんと自分の気持ちを固めるべきだといえるでしょう。

限定承認という選択肢もある

プラスの財産とマイナスの財産が混在していて、「完全なる相続放棄もしたくない」という場合は、限定承認という方法を選ぶことも可能です。しかし、限定承認を行うと、被相続人の財産が時価で相続人に譲渡されたとみなされるため、場合によっては多額の税金の負担よって現金が残らなくなることもあるようです。

相続放棄の判断ができない場合は?

被相続人にたくさんの財産と借金があり、単純承認、相続放棄、限定承認のどれを選べば良いか判断ができない場合は、遺産相続全般に詳しい弁護士に早めの相談をすることが理想です。弁護士にサポートをしてもらって被相続人の遺産の洗い出しができれば、より良い方法を見出しやすくなります。また大事な家族が亡くなってからの3ヶ月間はいろいろな手続きを行う必要から意外と短いと考えられますので、「タイムリミットによって単純承認とみなされてしまった。」という最悪の事態を回避するためにも、「早く専門家に相談をすること」を徹底するようにしてください。大阪の四ツ橋総合法律事務所では、相続放棄に詳しい弁護士がスピーディーなアドバイスを行なっています。   ≫相続放棄について詳しく見る
get_footer(); ?>