相続した車の名義変更を行う手順と方法

5f65b031dee138d0543f395669f0d417_s

車の相続を行う際に最初にすべきこととは?

車の相続手続きを行う上で最初にすべきなのは、「被相続人が乗っていた車の所有者が誰か?」を確認することです。一般的には、助手席前に設置されているグローブポケットを開けると自動車に関する情報が記載された車検証が出てきます。また、もし車検証が見つからない場合は、最寄りの運輸支局もしくは自動車検査登録事務所で「登録事項等証明書」を取得することで、自動車の所有者を把握できますので、相続準備としてぜひ手続きを進めてみてください。

自動車の所有者が販売会社だった場合の手続き

基本的に自動車販売会社は遺産分割協議に関与しないため、被相続人の「死亡を証明する書類」と戸籍謄本、法定相続人であることの証明書類一式を揃えれば、比較的簡単に自動車の名義変更を行えます。しかし、その自動車販売会社に対して未払いの修理代や車検代などがある場合は、もし仮に自動車販売業者が自動車を保有していた場合には、債務の清算が終わらない限り法定相続人に車を渡さないという「留置権」を主張することができますので、注意が必要です。

自動車の所有者がファイナンス会社だった場合

自動車ローンを組んだファイナンス会社が所有者だった場合は、「残債務の清算」もしくは「遺族による残債務の支払いの引き継ぎ」を行なった上で車の相続手続きが初めてできる形となります。被相続人のマイカーの残債があまりにも高額で、相続放棄が行われる場合は、車両は所有者であるファイナンス会社に返却されることとなります。

自動車の所有者が故人本人だった場合

車検証に書かれている所有者が故人本人だった場合は、自動車車両も相続財産として「相続原因による移転登録」を行った上で、「登録抹消」といった各種法定手続きが進められます。また中には故人のマイカーを家族が乗り続けるといった方法も存在しますので、この場合は遺産分割が複雑化することも想定できるといえるでしょう。

まとめ

故人が乗っていたマイカーは、遺産分割協議書の中で「誰に分割するか?」を正しく記載することで相続をスムーズに行えます。また車両価額が100万円以下の場合は、遺産分割協議成立申立書という書式を使うことで、相続人以外の書類を準備する必要がなく登録名義の変更手続きが可能ですので、必要に応じて検討してみても良いでしょう。登録名義や所有者が誰であるか、オートローンの残債の有無といった懸念事項が非常に多い自動車の相続手続きは、難航するケースが多く見受けられますので、手続きを進めるにあたって疑問や不安がある場合は早めに相続問題に詳しい弁護士にご相談ください。

≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る

get_footer(); ?>