生命保険受取金はどんな時に遺産分割対象となりますか?

nayanderu

生命保険受取金に関する遺産分割トラブルは非常に多い

被相続人が亡くなったことで保険会社から支払われる「生命保険受取金」は、契約者、被保険者、保険金受取人がそれぞれどう定められているかにより遺産分割における取り扱いが異なるため遺産分割協議を難航させる要素になりやすいと言われています。

また生命保険受取金の手続きは、保険会社の約款という第三者とのルールにもとづいて進められるため、少しでも多くの遺産相続をしたいと考える相続人の中には、その対応に「納得行かない!」と感じる方々も多く見受けられるのです。
今回は、将来的に被相続人の遺産相続や生命保険受取金支払いを受ける可能性のある皆さんと一緒に、想定できる3つのパターンを踏まえて対応策を考えていきます。

相続人の全てが生命保険受取金をもらえるケースとは?

被相続人が自分自身のためにかけた生命保険は、契約者、被保険者、保険金受取人が「亡くなった本人」と定められているため、保険会社から支払われたお金の全てが相続対象となります。
この場合は、全ての相続人に生命保険受取金をもらう権利がある形となりますので、遺産分割協議を行いそれぞれの相続分を決めるべきといえます。

この他に、被相続人が自ら契約した生命保険の被保険者となっていて、保険金受取人の欄に「相続人」と指定していた場合も、「相続人の全てが保険金請求権を持つ」ことになります。この場合は「生命保険受取金」ではなく「保険金の請求権」が個々の相続人に与えられます。したがって、生命保険受取金は被相続人の遺産とはならず、遺産分割協議の中で生命保険受取金の扱いについて話し合う必要はありません。

相続人であっても生命保険受取金をもらえないケースとは?

被相続人が契約や支払いをしていた生命保険において、配偶者や子供、両親といった「特定の人」を保険金受取人になっている場合は、保険金の支払い請求や受領をできるのは、「特定の人だけ」となります。この人が相続人になっているケースでは、遺産分割協議によって相続することとなった財産と生命保険受取金の両方を受け取れる人が出てくることとなります。

生命保険受取金に関して遺産分割協議トラブルが起こることもある

被相続人が自由に保険金受取人を指定できる生命保険は、「誰に支払いが行われるか?」によってトラブルの原因になることも考えられます。
特に「特定の誰か1人」にしか支払われない生命保険受取金は、他の相続人の不満を生じさせ遺産分割協議の停滞を生むこともあるようです。

生命保険の受取金に関する内容で家族や他の相続人との間にトラブルが生じた時には、無理に一人で解決しようとせずに、早めに相続問題に詳しい弁護士に相談をするようにしてください。

≫遺産分割の手続について詳しく見る

get_footer(); ?>