胎児や赤ちゃんでも父親の遺産を相続できるのか?

855ca5177c14511507e84750cdf9da51_s

お腹の中にいる胎児も相続ができる?

母親のお腹の中に赤ちゃんがいる間に父親が不慮の事故や病気で亡くなってしまった場合は、民法に基づき、胎児も相続人になることが可能です。

民法第886条の2では、「胎児が死体で生まれた時には、(相続を)適用しない」といった定めもありますので、父親が亡くなったタイミングで母親の妊娠がわかっている時には、「出産する前で遺産分割を保留する必要がある」といえます。

まだ幼い胎児の相続分は少ない?

法律で定められている法定相続分は、母親のお腹の中にいる胎児や、生まれたばかりの赤ちゃんであっても、他の兄弟と同じ割合で遺産分割が行われます。

相続人が母親とお腹の中にいる胎児という2人だけの場合は、配偶者である母親と子である胎児の間で、2分の1ずつの割合で父親の遺産分割を行うこととなります。

これに対して、胎児の他に2人の兄弟がいる場合は、母親の法定相続分が2分の1、子どもたちの遺産分割「2分の1を3人で平等に分ける」という仕組みとなります。

胎児でも遺産分割協議に加わることができるの?

まだ自分の意思を主張することのできない胎児や乳幼児を含めた相続人で遺産分割協議を行う際には、子どもの代わりに話し合いに加わる代理人を選任する必要があります。

民法第826条で定められている特別代理人には、子と利害が対立することのある母親を選任できません。

また、他の子供が未成年の場合は、胎児の分を含めて「子の人数分の代理人選任が必要」とされていますので、母の独断で遺産分割ができるわけではないことを頭に入れておくべきといえるでしょう。

不動産登記は胎児でも可能?

不動産登記については、胎児の名前を「亡○○妻△△胎児」として赤ちゃんが生まれる前でも未分割の状態で法定相続分による相続登記を行うことが可能です。

この方法で手続きをした後に赤ちゃんが死産という残念な結果になってしまった場合は、相続人になることができないという理由で、登記はそのまま抹消されてしまいます。

胎児が死産であるかどうかによって,相続人の範囲は人数が変わってきますので,基本的には、「無事出産を終えるまでは、相続関連の協議や手続きは留保しておくべき」と考えて良いでしょう。

胎児とたくさんの子どもを抱えたお母さんの相続は、非常に大変なものになることが多いといわれていますので、問題の早期解決のためにも、ひとりで全てを抱え込まずに法律の専門家に相談をするなどして遺産分割手続きをすすめるようにしましょう。

≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る

get_footer(); ?>