特別受益の基本ガイド

ちょっと上を向いて考える若いビジネスマン

特別受益とは?

特別受益は、相続人の間に生じる不公平を是正するために設けられた制度です。 被相続人の生前または遺言によって特別な財産を受けた「相続人とその財産」は、相続開始のタイミングで相続遺産に含められた形となります。 つまり、この制度を使えば、全ての相続人の間で平等に遺産の分割ができる形となるため、結果として相続における不平等を解消することができるのです。

特別受益に該当する財産とは?

特別受益に含まれる財産は、下記の3つが基本となります。 ・遺言によって全ての相続人が得ることができた遺産 ・養子縁組や婚姻によって特別に受けた遺産 ・生計の資本として贈与を受けた遺産 養子縁組や婚姻によって受けた遺産の中には、新居や花嫁道具なども含まれます。 また生計の資本として受けた遺産については、海外留学費用や大学の学費、独立開業資金、事業継承目的で受けた株式なども含まれますので、「兄弟の中で自分だけが親から資金援助を受けていた」といった場合は、特別受益の対象になるリスクがあることを覚えておいてください。

特別受益の考慮は誰が決めるの?

特別受益の考慮の有無は、相続人の話合いの中で決めていく形となります。 例えば、自分だけが父親に支払ってもらっていた海外留学費用に対して、母親や兄弟といった相続人が「問題がない」と判断すれば、留学費用を無視した形で遺産分割協議が進められます。 また特別受益については、相続人同士の人間関係によって指摘の有無が大きく変わる傾向がありますので、自分だけが被相続人から多くの遺産を受けている場合は、普段から親兄弟との関係性を良くしておくように努めるべきといえるでしょう。

特別受益の持戻しの免除

特別な贈与を行った被相続人が自ら「その特別な贈与は考慮せずに残った財産を相続財産として相続させる」という意思表示をした場合は、特別受益を遺産に含めないようにすることが可能です。 この意思表示は「生前に口頭で行ったもの」も可能とされていますが、遺産分割協議の際に生じる「聞いた・聞いていない」というトラブルを回避するためには、遺言書にきちんと記載してもらうよいでしょう。 特別受益の対象遺産かどうかについて不安がある場合は、被相続人が亡くなる前に遺言書を書いてもらうか、信頼できる弁護士に相談をしながら相続の際の見通しに対する準備をしておくようにしてください。 ≫特別受益について詳しく見る
get_footer(); ?>