内縁の妻・内縁の夫に生じる相続トラブル

pixta_3609643_S

内縁の妻(内縁の夫)による相続トラブルが増えている

被相続人である親が亡くなり、残された兄弟姉妹で遺産相続を開始しようとした時に、突然「自分は内縁の妻である」と名乗る女性の登場によって手続きの進行に混乱が生じるケースが多く見受けられます。

今回は、「内縁の妻(夫)」の登場によってパニックに陥らないためにも、近親者が抑えておくべき基礎知識を紹介していきます。

内縁の妻・内縁の夫とは?

内縁の妻(夫)とは、亡くなった被相続人との婚姻関係がないにも関わらず、いわゆる事実婚状態で同居して暮らしている女性(男性)のことです。

内縁関係があるかどうかは、「双方が婚姻の意思を持って共同生活を行っているか?」という観点から判断されます。

その他の補助的条件としては、「生計をひとつにしているか?」とか「挙式を行ったか?」、「2人の子供がいるか?」といった基準も考慮されますので、突然登場した内縁の妻や夫に不信感を抱く場合は、その関係性を詳しく確認してみるのがよいでしょう。

内縁の妻は財産分与ができる

法律的な婚姻関係はないとは言え、内縁の妻は、離婚の際,生計をひとつにする相手とともに構築した財産の分与が認められる形となります。

またパートナーが不倫や浮気などの不貞行為をした場合は、慰謝料請求も可能とされていますので、2人の関係がわからない第三者が見る以上に内縁関係は法的に保護されているといえます。

内縁の妻は法定相続人になれる?

事実上の婚姻関係である内縁の妻は、法定相続人になることができません。

しかし、遺言による遺贈や生前贈与などが行われた場合は、子どもや親が相続するはずの遺産が内縁の妻に移転することもあるため注意が必要です。

また、被相続人に法定相続人となる子どもや親、兄弟がいない場合は、特別縁故者制度により内縁の妻が相続財産を取得できるケースも存在しますので、「内縁の妻は相続ができない」といった固定概念を持たないことがスムーズな相続手続きに向けた準備になるといえるでしょう。

内縁の妻・内縁の夫に関する相続トラブルは近年急増傾向にありますので、突然生じた問題に悩まされている場合は、遺産相続問題に詳しい弁護士に相談するようにしてください。

≫法定相続・遺産分割について詳しく見る
get_footer(); ?>