子どものいない夫婦に生じる恐ろしい相続トラブル

pixta_12916725_L

子どもがいない夫婦に生じる相続トラブルとは?

子どもがいない夫婦には、本人たちも想定できない遺産相続トラブルが生じやすいと言われています。 特に夫婦の両親が亡くなっている場合は、義兄弟姉妹に法定相続人の権利が移るため、最悪なケースでは「一度も会ったことのない義兄弟と遺産を分割する必要」も出てくるのです。 また義兄弟姉妹との関係があまり良くない場合は、遺産分割協議もスムーズに進まないことがありますので、子どものいない夫婦の相続は前途多難になるケースが多いことを頭に入れておくべきといえます。

義兄弟との遺産相続トラブルにはどんな実例がある?

義兄弟姉妹の法定相続分は4分の1であるため、3分の1もの権利を有する親と比べれば、「分配の負担が少ない」と言えるかもしれません。 しかし、全く別の地域で暮らす兄弟の場合は、家や土地の分配に同意が得られにくいため、結果として「現金で分与しなければならない」という問題が生じるのです。 例えば6,000万円の家+3,000万円の現金を持っていた夫が亡くなった場合は、その4分の1である2,250万円が義兄弟の法定相続分となります。 考え方によっては、「2,250万円だけ支払えば、妻はそのまま同じ家で生活ができる」かもしれません。 しかし実際は、手元に残る現金が750万円となってしまうため、「夫が亡くなったことで将来生きていくだけの現金が激減した」と捉えるなら、これも立派な遺産相続問題にあたるといえます。

子どものいない夫婦が行っておくべき遺産相続の準備とは?

子どものいない夫婦が行うべき相続準備は「遺言書を作成しておくこと」です。 遺言書の中で「全ての遺産を配偶者に譲る」と書いておけば、義兄弟姉妹との遺産相続トラブルはほとんど生じないといえます。 また義兄弟姉妹の場合は親族の権利である遺留分がないので、既に自分たちの父母が亡くなっている夫婦にとっては、大変有効性の高い対策になるといえます。 もし万が一遺言書を作る前にパートナーが亡くなってしまった場合は、大変厳しい遺産相続協議に繋がる可能性が高くなりますので、信頼できる弁護士を味方に付けてさまざまな手続きを相談しながら進めるようにしてください。 ≫遺言について詳しく見る
get_footer(); ?>