被相続人の死亡で口座凍結になると預金解約も不可能に

tsucho

被相続人の口座凍結や預金解約によるトラブルが増えている

亡くなった被相続人の預貯金口座は、遺産分割協議が終わるまでの間、凍結という形で入出金や預金解約ができなくなります。

可分債権として法律上扱われる銀行の預貯金は、相続の際には1円単位で分割することが可能となります。

被相続人が亡くなったことを知った金融機関は,被相続人名義の預貯金に関する一切のお金の動きを生じさせないため、各金融機関は口座の凍結をして引き落としや入出金を不可能にしているのです。

この金融機関の運用に対して「銀行=融通が利かない」と感じる方もいるかもしれませんが、兄弟や親という自分と同じ立場である他の相続人達が、預金解約によって被相続人の貯金を独り占めするリスクを想定すれば、トラブル回避に繋がる金融機関の配慮と捉えることもできるでしょう。

口座凍結の有無はどうやって確認できる?

被相続人の口座凍結の有無は、銀行の窓口やATMなどからその口座の入出金をしてみればすぐにわかります。

何の問題もなく入出金ができた場合は、「まだ口座凍結が行われていない」ということになります。

このタイミングであれば全額を引き出したり、預金解約することも可能となりますが、他の相続人にお金の出し入れが発覚して信用を失うリスクを考えると、「口座凍結の確認のみ」に留めておくのがよいといえます。

口座凍結によって生じるデメリットは預金解約の部分だけ?

口座凍結されてしまった場合に生じる問題は、「預金解約ができないこと」だけではありません。

被相続人の口座から公共料金や家賃の引き落としなどをしていた場合は、滞納によって「電気が止まる」とか「督促状が届く」といったトラブルに発展します。

また、「遺産分割協議なんてすぐに終わるだろう」と楽観視していると、家賃の未納が続いて自宅から追い出されることも考えられますので、なるべく早めに相続手続きを進めて口座のお金を動かせる状態に繋げるようにしてください。

なかなか協議が進まず相続人全員の同意が得られない場合は、ひとりで抱え込まずに、相続全般に詳しい弁護士に相談するのが理想です。

また銀行によっては凍結口座から葬儀費用の引き出しを可能としているところもありますので、その手続きを含めて弁護士と話し合いながら作業を進めるようにしてください。

≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る

get_footer(); ?>