申告期限も重要!相続税の申告漏れで受けるペナルティとは?

pixta_12970790_L

相続税の申告期限を守れない申告漏れトラブルが多い

相続人が以下のように「甘い考え」を抱えていると、相続税の申告漏れや、申告期限を守れないといった形で相続問題のトラブルに発展するケースが多く見受けられます。 ・財産が少ないので、相続税がかかるわけがない ・配偶者の税額軽減特例を適用すれば、相続税はかからないはず ・小規模等の特例が適用になるので、申告をする必要はない ・兄弟がみんなバラバラに暮らしているから、遺産分割の話し合いなんて無理 ここで紹介した事例は、「相続税に関する誤った認識」と捉えてもよいレベルのものばかりです。

相続税の申告はいつまでに行うべき?

相続税の申告は、「相続が開始された日から10ヶ月以内に行う」という厳しい期限が設定されています。 「忙しくて分割協議が進まないから!」といったいい加減な理由で申告をしていなかったり、税額に誤りがある場合は加算税や延滞税などのペナルティが課せられますので、「期限以内に正しい金額の申告をすること」が非常に重要となるのです。 特に税額が誤っているケースの多くは、「相続財産調査の不十分」によって生じることが多いと言われていますので、管理能力や記憶力の低下した親兄弟の話を鵜呑みにするのではなく、相続人が責任を持って調査をする必要があるといえます。

有価証券等を遺産に含む場合の相続は申告義務が生じる可能性が高いです

遺産の相続に関して基礎控除額を超過した場合には、相続人に申告の義務が発生します。 特に、後日、有価証券を含めた比較的高額な遺産が判明した場合には要注意です。 このようなルールを知らずに申告をせず、税務署からの指摘で申告手続きを行った場合は、無申告課税というペナルティが課せられるため注意が必要です。 これに対して、自分で申告漏れに気づいて自主的に申告した場合は、前述の例と比べて重加算税の金額が低くなります。

まとめ

各自治体から死亡通知が入ってくる税務署は、現金、預貯金、有価証券を中心に相続税の税務調査を行います。 また、有価証券を相続人の名義に変更してから換金を行った場合は、そのタイミングで税務調査が行われることもありますので、「申告しなくてもバレないだろう」という軽い気持ちを捨ててきちんと各種手続きを進めるのが相続人の義務だと考えられているのです。 相続税の計算や相続遺産の調査で何らかの問題が生じた時には、申告期限の10ヶ月以内に手続きを終わらせるためにも、法律の専門家である弁護士に早めに相談をした方が良いといえます。 ≫遺産相続の手続・流れについて詳しく見る
get_footer(); ?>