天涯孤独な人や子供のいない夫婦が遺産を残すためには?

fufu

子供のいない夫婦でも遺産を残せる

さまざまな事情によってお子さんのいない夫婦でも、家や土地、お金といった遺産を親族以外の第三者へ残すことは可能です。 今回は、子供のいないご夫婦や天涯孤独な人が遺産相続をする方法について、詳しくご紹介していきたいと思います。

子供のいない夫婦の法定相続人とは?

子供のいない夫婦が遺産を残す際には、配偶者と父母が法定相続人になります。 もし既に父母が亡くなっている場合は、祖父母に相続権が移る形になるため、注意が必要です。 更に父母も祖父母も亡くなっている家族の場合は、被相続人の配偶者と被相続人の兄弟姉妹が相続人になります。

子供のいない夫婦の相続における配分とは?

子供のいない被相続人が亡くなったケースでは、配偶者が3分の2、父母もしくは祖父母が3分の1の相続を行う形となります。 これに対して、父母や祖父母も亡くなっていて相続権が兄弟姉妹に移る場合は、配偶者の配分が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となりますので、各場合における相続分には違いがあることを覚えておかれるとよいでしょう。

天涯孤独の人が第三者に相続をするためには?

配偶者、両親、兄弟姉妹のいない天涯孤独の人が亡くなった時には、検察官もしくは利害関係人の請求によって相続財産管理人が選任される形となります。 さまざまな調査によって負の遺産を返済し、そこで余ったプラスの遺産を相続できる縁者がひとりも見つからない場合は、家や土地、お金などが国のものになってしまうため注意が必要です。 このような状況を回避するためにも、天涯孤独の人がお世話になった友人知人や内縁の妻などに財産を残したいという場合は、公証人役場を通して公正証書遺言書を残すべきと言えるでしょう。

作った遺言書はどこに保管すべき?

作った遺言書を紛失しないためにも、生前のうちに信頼できる弁護士などの第三者に預けておくのが理想といえます。 相続問題に詳しい弁護士は遺言書の作り方にも慣れていますので、自分の財産整理を含めて相談できる事務所をひとつ見つけておくと良いでしょう。 既に遺産関連トラブルや悩みを抱えていらっしゃる場合は、さまざまな相続事例を扱った経験のある四ツ橋総合法律事務所にご相談ください。 ≫遺言について詳しく見る
get_footer(); ?>