自動車やバイクの名義変更は相続と関係があるの?

car

被相続人がなくなったらすぐに車の売却はできる?

自動車やバイクも被相続人の遺産のひとつになるため、「葬儀費用がないからその費用の捻出のため!」といった理由で簡単に売却をすることはできません。 被相続人によって作成された遺言書がない場合は、法律で定められた割合によって相続人が全員で自動車やバイクを共有することになります。 しかし実際は、全ての相続人の間で遺産分割協議を行った上で、相続人の中の誰かが自動車の相続をするのが一般的となっているのです。

相続した自動車やバイクは廃車にできるのでしょうか?

被相続人が乗っていた自動車やバイクに対して「価値がない」と判断されたり「売却したお金を相続人みんなで分ける」という結論に達した場合でも、いちばん最初に行うべきことは相続となります。 売却や廃車、名義変更といった手続きには「所有者の印鑑証明書」が必要となりますので、被相続人の遺産分割手続等により所有者を確定して各種証明書を入手できない限り、「その自動車に対して何の処理もできないこと」となっていますので注意してください。

自動車やバイクの相続方法とは?

自動車やバイクの相続は、「全部か?一部か?」によって必要な書類を含めて手続きの流れが異なります。 相続人の誰か1人の名義に変更する際には、遺産分割協議書に全ての相続人の押印をして、印鑑証明書を添付するだけで相続ができる形となります。 これに対して、数人の相続人で一部を相続する際には、人数分のOCR用紙や相続人全員の委任状という形で全部相続とは全く異なる書類の準備が必要となるのです。

相続人の中に未成年がいる場合は?

相続人の中に未成年者がいる時には、その人の代わりに協議に参加をして実印を押す権限のある特別代理人の選任が必要となります。 この場合は遺産分割協議を行う前のステップで家庭裁判所にて行う手続きが必要となりますので、自動車やバイクの売却や処分の手続きに向けて早めに行動を起こすべきといえます。 「全部か?一部か?」によって方法や手続き、用意する資料も異なる自動車やバイクの相続は、手続の内容的にも少し難しい傾向がありますので、特別代理人の選任を含めてトータルに相談できる弁護士を探しておくことが理想といえます。 ≫法定相続・遺産分割について詳しく見る
get_footer(); ?>