相続放棄をすることで生じる2つの大きなデメリットとは?

nayami_03

相続放棄にもデメリットがある

亡くなった被相続人に「プラスの遺産が全くない」という場合は、借金の支払いなどから逃れるために相続放棄をするという選択肢もあります。 相続放棄をする相続人の多くは、3ヶ月という申述の期限に迫られて「負の遺産を自分が抱え込むなら早めに放棄したほうが・・・」と考えるのが一般的です。 もっとも,相続財産の調査に時間がかかる等「期間内に相続放棄の申述をできていなくてもやむを得ない」と考えられる相当の理由を主張することにより相続放棄の期間の伸長が認められれば3ヶ月以上経ったタイミングでも放棄が可能となるため、場合によっては,メリットだけでなくデメリットも踏まえてじっくり考える必要があるのです。 今回は、相続放棄によって生じる3つのデメリットの例を踏まえて詳しくご紹介していきたいと思います。

相続権が他の人に移る

相続放棄をした人の多くは、相続権が父母や兄弟といった親族に移ることで生じる「人間関係の悪化」に悩まされる傾向があります。 特に配偶者が抱えていた借金の場合は、その存在すら知らない両親に相続権が移ることで、「何のために結婚をしていたのか?」といった批判を受けるケースも多く見受けられます。 相続権の放棄は、相続人であれば誰もが申述できる権利です。しかしその影響をきちんと考えずに手続きを進めてしまうと、これまで円満だった親族関係にヒビが入ることもありますので、その影響をきちんと考えた上で手続きを行うべきといえるでしょう。

相続放棄は撤回ができない

「負の遺産ばかりだろう」という勝手な推測で早々と相続放棄を行った後に、想定外の土地や家、現金などの資産が出てきて後悔する人も多く存在します。 このようなトラブルを回避するためには、被相続人の遺産をきちんと調査した上で「メリットとデメリットのどちらが大きいのか?」をしっかり考える必要があるといえるでしょう。

まとめ

簡単にできる相続放棄も、きちんとした調査をする前段階で行ってしまうと、人間関係トラブルや自分の後悔に繋がることも多いと考えられます。 また、相続放棄をした人の中には、後々で生じるトラブルによって「やっぱり相続しておけばよかった」と感じる方々もたくさんいるとされていますので、メリットや衝動だけで行動を起こすのではなく「3ヶ月間じっくり考えること」が必要といえるでしょう。 「相続放棄をする・しない」の判断で悩んだ時には自分ひとりで抱え込まずに、相続関連トラブルを得意とする法律事務所に相談するようにしてください。   ≫相続放棄について詳しく見る
get_footer(); ?>