最も適しているのは誰?遺言執行者の役割と各種手続き

Dollarphotoclub_89807362

遺言執行者とは?

遺言執行者とは、遺言の内容実現に必要な手続き全般を行う代表者のことです。

遺言執行者の具体的な権限としては、相続開始後の目録作成や不動産や預貯金に関わる各種手続きの進行などが挙げられます。

被相続人の遺言により相続人の排除や子供の認知をする場合は、遺言執行者が必要となりますので、当ページで紹介するポイントを抑えて選任をするようにしてください。

どんな場合に家庭裁判所にて遺言執行者を選任するのでしょうか?

家庭裁判所で遺言執行者の選任手続きを必要とするケースは、下記の3つです。

・遺言書の中で遺言執行者が選ばれていない場合
・指定された遺言執行者が亡くなっている場合
・指定された遺言執行者がその権利を辞退した場合

遺言執行者に適しているのは誰なのでしょうか?

破産者と未成年を除けば、相続人、友人、知人の誰でも遺産執行者になることができます。

遺言執行者は利害関係が絡むことが多いため、各種手続きを平等かつ円滑に進めるためにも「相続に関して専門知識のあってその相続について利害関係のない人」を選ぶのが理想です。

一族の中に専門知識を有する友人知人がいない場合は、相続問題に詳しい弁護士に依頼をするといったケースも多く見受けられます。

遺言執行者の存在によって異なる金融機関の手続きとは?

遺言執行者が選任されている場合は、複数の相続人が要る場合でも「遺言執行者と受遺者のみの署名捺印」だけで各種手続きを進めることができます。

これに対して、遺言執行者を選任しない場合は、たとえ遺言書の中で「特定の相続財産を特定の相続人に相続させる」と記載され相続人が指定されていたケースでも、ほとんどの金融機関で「相続人全ての署名捺印が必要です」といわれてしまうため、通常の相続手続きと同様の手続きを行う必要が生じます。

相続人の人数が多く、そのほとんどが遠方に住んでいる場合は、署名捺印を集めるだけでも大変な手間と時間がかかりますので、相続手続きをスムーズに進めるためにも遺言執行者を選任するのが理想といえるでしょう。

まとめ

利害関係が絡む遺言執行者の選任には、「自分が多く相続をしたい!」と考える相続人からの反対なども出やすい傾向があります。

遺言執行者の選任や相続全般でトラブルを抱えた時には、各期限までにスムーズに申し出や手続きを進めるためにも、相続問題に詳しい弁護士にご相談ください。

≫遺言について詳しく見る
get_footer(); ?>