相続放棄を自分で行う人が知っておきたい基礎知識

Dollarphotoclub_96072021

迅速な対応が求められる相続放棄

相続発生から3ヵ月以内に手続きをしなければならない相続放棄は、他の相続手続きと比べて迅速な意思決定と対応が求められます。

1日でも手続きが遅れると他の親兄弟と同じように相続人となってしまいますので、ここで紹介するポイントを抑えてスピーディーに行動するようにしてください。

相続放棄の申述(届出)の際に必要なものとは?

・相続放棄申述書
・亡くなった被相続人の住民票(除籍)と戸籍附票
・亡くなった被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本(除籍、改製原戸籍)
・届け出を行う本人の戸籍謄本
・収入印紙800円分
・郵便切手(家庭裁判所に金額が異なりますが、1,000円ぐらいが一般的です)

相続放棄申述書の説明書やフォーマットは、各都道府県裁判所のホームページからダウンロードできます。

また、家庭裁判所にも備え付けの用紙がありますので、パソコンやプリンタを持たない方は直接取りに行ってみてください。

申述(届出)を行う裁判所の場所と方法、流れとは?

遺産放棄の手続きは、亡くなった被相続人の住民票が届け出られている場所を管轄する家庭裁判所にて手続きを行います。

前述で紹介した全ての書類を揃えて提出すると、その場で相続放棄の意思確認が行われます。

書類の提出から3~4日経つと「相続放棄申述受理通知書」が郵送で届きますので、この時点で手続きが全て完了します。

相続放棄を検討した方が良いケースとは?

相続放棄は、下記のような問題がある場合に検討すべき手続きと考えられています。

・被相続人が、友人知人の保証人になっていることが考えられる場合
・被相続人との交流がなく、現在の生活ぶりが全くわからない場合
・相続争いに巻き込まれることを避けたい場合
・被相続人が所有する財産の売却が難しく、現金化や維持が期待できない場合
・財産を相続人1名に集中させたい場合

たった3ヵ月の間で手続きを完了させなければならない相続放棄ですが、戸籍の収集や申述書の作成を含めた手続きは1週間~10日程度を要するものです。

相続放棄を行う人の多くが3ヵ月といった短期間で「相続すべきか?放棄すべきか?」といった意思決定に悩まれることも多いので、相続に関する不安や疑問がある場合はできるだけ早めに相続のプロフェッショナルである弁護士に相談をするのが理想と言えるでしょう。

≫相続放棄について詳しく見る
get_footer(); ?>